自転車に乗ろう

 
こんにちは、tomoです。
 
初めて自転車に乗ったのは幼稚園の頃だったと思います。
 
補助輪付きの自転車で家のまわりをぐるぐる走り回っているだけでしたが、
本人はいつもワクワクしながら大冒険をしている気分になっていました。
 
 
小学生になると行動範囲が広がり、隣町まで自転車で行くようになり
色々な所へ手軽に行ける自転車が必需品になりました。
 
あちこちの駄菓子屋をめぐり、友達と一日中走り回っていました。
毎日ハアハアと息を切らしながら、坂を駆け上がったりしていました。
 
 
中学生くらいになると更に行動範囲が広がり自転車での移動が
ちょっとつらくなってきて電車を利用することが多くなり、
 
高校生になるともはや自転車は駅まで楽に移動するための
乗り物に成り下がってしまいました。
 
 
車の免許を取得した頃には自転車には全く興味がなくなり
出かけるときはいつも車に乗るようになっていました。
 
 
そんな生活を続けていたある日、
町中を自転車で気持ちよさそうに走っている人を見かけ、
久しぶりに自転車に乗ってみたくなりました。
 
 
 
 
そのまま軽いノリでクロスバイクを購入しました。
 
 
ちょっとした足代わりのつもりでしたが、ママチャリはどうしても乗る気にならず、
思い切ってジャイアントというメーカーのFCRという当時8万円もする自転車を手に入れました。
 
実はこれがなかなかのくせ者で、めちゃくちゃ剛性の高いアルミフレームに
スポークの本数が少ない軽量ホイールが装備されていました。
 
 
ハンドルは横一直線のフラットバータイプで気軽に乗れそうな雰囲気なんですが、
メーカーのコンセプトが「町中最速」を謳っている車種でした。
 
 
自転車のことなんか全く知らない状態で見た目だけで選んだのですが、
実際に乗ってみると後から色々と大変なことに気付きました。
 
 
車種的には初心者向けと言うよりは比較的自転車に慣れた人が
気軽に町中を最速で流すというコンセプトです。
 
 
ある程度性能を重視した設計のためか、乗り心地があまり良くありませんでした。
 
 
フレームの剛性が高いため地面からの振動や衝撃がダイレクトにお尻に伝わってきて
すぐにお尻が痛くなってしまいます。
 
 
あとで知ったのですが、FCR乗りの間では「FCRに乗りたければ尻を鍛えろ!」
というのが合言葉だそうです。
 
 
その代わりスタートダッシュの加速が良くペダルを踏めば踏むほど
スピードが出るので、慣れてきたら逆についついムキになって
 スピードを出してしまい、とてもじゃないけどちょっとした足代わりには
程遠い方向性でした。
 
 
最終的にはだんだん乗るのが辛くなってきてしまい、徐々に乗らなくなって
部屋の奥に押し込んだままになってしまいました。
 
 
 
 
それから約10年後、会社の同僚が自転車通勤を始めたのですが、
それを見ていたらなかなか楽しそうだったので
 
 
「そういえば自分も自転車持ってたな」
 
 
と思い自分もすぐに自転車通勤を始めました。
室内保管だったのでまったく痛みもなくすぐに乗り出すことが出来ました。
 
 
自宅から会社まで約10km程なのですが、初めて自転車で出勤した時は
口から心臓が出てくるんじゃないかと思うほど息が上がって苦しかった覚えがあります。
 
 
はじめは10km走るのもかなりキツくて毎日フラフラになりながらペダルを漕いでいましたが、
徐々に慣れてくるとあまり苦しく無くなってくるのがわかりました。
 
 
始めてから10日くらいで苦しさは感じなくなり、周りの景色を見る余裕が出てくると
自転車で走る時の周りの風景がとても新鮮に感じるようになりました。
 
 
自宅から会社までの道は途中まで川沿いのサイクリングロードを通っていくのですが、
そこからの朝の景色がとても気持ちよく車通勤では感じることの出来ない爽快感があります。
 
 
 
 
そこであることに気が付きました。
 
 
子供の頃に毎日ワクワクしながら自転車に乗っていた時の気持ちが蘇ってきて
家の周りをちょっとした冒険気分で走っていた時と全く同じ気持ちで
毎日ワクワクしながら自転車通勤をしていたのです。
 
 
自転車に乗っているとちょっとした風の匂いや気温の変化で季節の移り変わりを
少しだけ早めに感じることが出来ます。
 
 
そうして毎日乗るのが楽しくて、どんどん自転車にのめり込んでいきました。
 
 
自転車に乗っていると他にも良いことが起こりました。
 
 
どんなことが起きたのか、次の記事で詳しくご紹介いたします。
 
次の記事はこちらをクリック↓
 

更新日:

Copyright© ロードバイクを楽しもう!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.